受講生規約

京都朝げいこ受講生規約

 

本規約は、「京都朝げいこ」(以下「当事業」)において、受講生が各コンテンツ実施者が運営する講座を受講するにあたって、受講生と当事業およびコンテンツ実施者との間に生じる一切の関係に適用されます。

第1条 (京都朝げいこについて)

当事業は「朝型の生活習慣の提案」「学びの場の提供による個人のレベルアップ」「サードコミュニティの形成と交流」を目的として、四条烏丸地区を一つのキャンパスにみたて「京都朝げいこ運営運営事務局」の主催により運営される市民スクールです。

当事業の業務運営は、京都朝げいこ運営運営事務局(以下「朝げいこ運営事務局」)がこれを担います。

朝げいこ運営事務局は、コンテンツ実施者に代わり講座運営に関する以下の業務を行います。

(1)受講生募集および登録受付業務

(2)受講費代行回収業務

(3)当事業WEBサイト運営管理、リーフレット企画制作

(4)その他、上記に付帯する業務

第2条 (コンテンツ実施者について)

当事業において講座を開設し、受講者に対し講義を提供する者を「コンテンツ実施者」といいます。

各講座における講義内容の決定、講師の手配および安全管理等、運営上の一切の責任はコンテンツ実施者がそれを有します。

第3条 (受講資格)

当事業にて、コンテンツ実施者が提供する講義(以下「講義」)を受講する者を「京都朝げいこ受講生」(以下「受講生」)といいます。

受講生は、本規約に同意の上、所定の手続きによる申込、受講登録及び受講料の払い込みを行い当事業がその登録を承認した者が、その資格(以下「受講資格」)を有します。

受講生は、当事業利用中および修了後も、当事業を利用する場合には本規約に定める規定に従うものとします。

第4条 (受講資格の停止)

当事業は、受講生が以下の項目のいずれかに該当する場合、当該受講生に事前に通知することなく、直ちに受講資格の停止(退学)をできるものとします。

(1)当事業への申告、届け出内容に虚偽があった場合。

(2)過去に本規約違反などにより受講資格停止処分されている事が判明した場合。

(3)理由の如何に関わらず、当事業の運営に支障があると当事業が判断した場合。

(4)本規約に違反した場合。

(5)その他、当事業が受講生として不適格と判断した場合。

当事業が前項の措置をとったことにより、当該受講生が当事業を利用できなくなり、これにより当該受講生または第三者に損害が発生したとしても、当事業は一切の責任を負いません。また、前項各号の各項に該当する行為によって当事業および第三者に損害が生じた場合、受講資格を停止された後であっても、当該受講生はすべての法的責任を負うものとします。

第5条 (禁止事項)

受講生は、講義を受講するにあたって、以下の行為を禁止します。

(1)受講生、第三者、もしくは当事業の権利を侵害し、または侵害するおそれのある行為。

(2)受講生、第三者、もしくは当事業のプライバシーを侵害する行為。

(3)受講生、第三者、もしくは当事業を誹謗中傷する行為。

(4)受講生、第三者、もしくは当事業に不利益を与える行為。

(5)メールアドレス又はパスワード及びその他個人情報を不正に使用する行為。

(6)選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為。

(7)有害なコンピュータプログラム等を送信又は書き込む行為。

(8)当事業を利用した営利を目的、又は営利的色彩を帯びた行為。

(9)当事業の目的に反するような行為又は書き込み行為。

(10)公序良俗に反する行為。

(11)犯罪的行為もしくはそれに結びつく又は引き起こす行為。

(12)宗教的又は政治的、営業的勧誘事項。

(13)その他、法令に反する行為や当事業が不適切と判断する行為。

受講生が前項各号いずれかに該当する行為を行った場合、当事業は受講資格を停止(退学)できるものとします。

第6条 (受講登録後のキャンセルと連絡手段)

受講申し込み後に発生したキャンセルについては以下の規定が適用されます。

(1)キャンセルの方法は運営事務局への連絡によるものとします。

(2)申し込みから開催14日前まではキャンセル料2,000円となります。

(3)開催13日前から開催7日前まではキャンセル料30%となります。

(4)開催6日前以降はキャンセル料100%となります。

(5)運営事務局への連絡手段は全て所定のメールアドレスへの送信を基本とします。

(6)連絡した時間の確定は運営事務局が運用するメールシステムでの受信記録を基準とします。

第7条 (損害賠償)

受講生が第三者または当事業、施設に対して迷惑行為や損害を与えた場合、当該受講生は自己の責任で問題・損害を解決するものとし、その損害を賠償するものとします。

受講生が講義中および公認活動中に事故・盗難被害にあう等により損害が生じた場合は、受講生自身が解決するものとし、当事業は一切の責任を負いません。但し、当事業の責に帰すべき事由により損害が生じた場合には、当事業は、当該講義或いは公認活動の受講料相当額を限度として賠償責任を負うものとします。

第8条 (個人情報の取り扱い)

当事業は、別途定める個人情報保護方針に従って、受講生の個人情報を適切に取り扱うものとします。

第9条 (著作権)

受講生は、当事業の講義および公認活動を通じて提供されるいかなる情報、ソフトウェア、当事業ロゴおよびロゴマーク等も、権利者の許諾を得ないで、転送、転載、複製、頒布、出版その他いかなる方法においても当該受講生の個人としての私的使用以外の使用はできないものとします。

当事業は、受講生が発信したコメントその他の情報が、次のいずれかに該当する場合には、当該受講生に断りなくこれを停止・削除することができるものとします。

(1)受講生、第三者、もしくは当事業の著作権その他の権利を侵害している、と認めた場合。

(2)受講生、第三者、もしくは当事業の名誉もしくは信用を毀損していると認めた場合、または名誉もしくは信用を毀損しているとの警告、申し出等を第三者から受取った場合。

(3)日本または適用ある外国の法令に違反している、と認められた場合。

(4)裁判所、検察、警察その他国家機関等から法律に基づき削除するよう命令を受けた場合。

(5)その他、当事業が不適切と判断した場合。

第10条 (譲渡禁止等)

受講生は、受講生として有する権利または義務を第三者に譲渡し、担保に供する等の行為はできないものとします。

第11条(変更の届出)

受講生は、当事業への届出内容に変更があった場合、速やかに当事業所定の方法で変更の届出をするものとします。

前項の届出がなかったことにより受講生が不利益を被った場合、当事業は一切その責任を負わないものとします。

第12条 (講義の中断、延期、中止)

コンテンツ実施者の判断により講座を中断、延期または中止する場合には、コンテンツ実施者および受講生は両者誠実な協議の上で対応方法を決定し、速やかに当事業運営事務局に報告するものとします。

前項の対応に起因して受講生が被った損害について、当事業は一切その責任を負わないものとします。

第13条 (当事業の判断による講義の中断、延期、中止)

当事業は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、受講生およびコンテンツ実施者に事前に通知することなく講義を一時的に中断、延期できるものとします。

(1)設備等の保守を緊急に行う場合。

(2)火災、停電等により講義の提供ができなくなった場合。

(3)天災地変等の不可抗力により講義の提供ができなくなった場合。

(4)開講する上で必要な受講人数に満たないと、コンテンツ実施者が判断する場合。

(5)その他、運用上または技術的に当事業が講義の中断が必要と判断した場合。

当事業は、前項により講義の一時中断等が発生したとしても、これに起因して受講生およびコンテンツ実施者が被った損害について一切その責任を負わないものとします。

第14条 (規約の変更)

当事業では、受講生の了承を得ることなく本規約を変更・追加することがあります。変更後の規約は、受講生に掲示した時点より効力を生じるものとします。

強行法規の改定等により、本規約の一部が同法規に抵触する場合には、当該部分を同法規の定めに従い変更したものといたします。

第15条 (準拠法と裁判管轄)

本規約に関する準拠法は、すべて日本国の法令が適用されるものとします。

本規約に関するいかなる紛争も京都地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

[2014年4月1日 京都朝げいこ企画委員会]